2005年07月02日

こんな本を借りたよ

新しく『読む』というカテゴリを作りました。

ここでは、最近気になる本や面白かった本などを紹介していけたらなぁと思います。

ジャンルは小説、マンガ本、雑誌、絵本、詩集・・・何でもありっ!!

ここに遊びに来てくれた皆さんも、

「それ読んだことあるよ〜」とか

「こんなの面白いから読んでみて〜」とかありましたら、

お気軽にコメントをどうぞ♪♪



それでは手始めに、私が今日借りた5冊の本を紹介します。




@『The Very Hungry Caterpillar』
 
 著者:Eric Carle
 出版社:Philomel Books
 発行年:1969
 ジャンル:絵本
  
『はらぺこあおむし』という絵本をご存知ですか?この本は、そのEnglish versionです。
  内容、独特の色使い・・・
  世界中でこんなに読まれてる絵本って、エリック・カールはすごいとしか言いようがありません。




A『頭の大きなロボット』

 (星新一 ショートショートセレクション6)
 著者:星 新一
 出版社:理論社
 発行年:2002
 ジャンル:日本文学
 
星新一作品は、授業の合間とかバス待ちの時間とか、高校時代によく読んでました。
 “ショートショート”といって作品がどれも短編になっているので、
 気軽に手軽に、しかも飽きないうちに読みきれるのでおすすめです!
 読み終わったあと、なんかホッとするような。




B『江戸の笑い』
 
 (少年少女古典文学館24)
 著者:興津 要
 出版社:講談社
 発行年:1992
 ジャンル:日本古典文学
 
最近注目されている古典落語、江戸小咄。
 ドラマにも取り上げられたりして、また見直されているとか。
 このシリーズ、他にも古典物語や歌集などがズラリと並んでいて、
 しかも有名作家が編集しているという豪華版!!
 古典はむずかしくて・・・という人でも、子ども向けなら読めるはず。




C『くどうなおこ詩集○』
 
 著者:くどうなおこ
 出版社:童話屋
 発行年:1996
 ジャンル:詩集
 
私の大好きな、くどうなおこさんの詩集。
 ぱっと見、“この本センス良いな”って感じ。
 小学生の教科書にも使われていたので、名前くらいは覚えていますかね?
 言葉の使い方が上手なのは一目瞭然だけど、
 きっと何度も何度も頭でくり返して書き上げているんだろうなぁ。
 今日新しくお気に入りの詩を見つけたので、あとで別に紹介します。




D『怪人二十面相』
 
 (少年探偵江戸川乱歩全集1)
 著者:江戸川 乱歩
 出版社:ポプラ社
 発行年:1964
 ジャンル:日本文学
 
一言でいえば、懐かしい・・・。
 小学生だったころ図書委員をしていたこともあってだいぶ読んだと思うんだけど、
 どれを読んでどれがまだだったか忘れちゃったので、
 これを機に再スタート!!
 本屋のGさんいわく、この江戸川乱歩シリーズは子ども向けに書き直されているらしい。
 ってことは、本物はもっと怖いの!?きゃあ〜〜
 




明日は休みだし、

読書しよう、読書♪♪





 
  

          
posted by ベリィ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読<よむ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ、思い出の地へ

今日は土曜日。

図書館での仕事があったので、泉区まで行ってきました。

前にもちょっと触れましたが、図書館が一番混むのは土曜日だそうでして。

ましてや今の時代、週休二日制というものがあるので

こども図書室は大にぎわいです。


図書館に着くと、真っ先に


「待ってたよ〜〜」


との声。

返却台に目をやれば、もうすでに本が山積みになっているじゃないのあせあせ(飛び散る汗)

今日も忙しくなりそうだわぁ。


この仕事も、だいぶ慣れてきました。

今日もいっぱい話しかけられたけど、


客1「歴史のコーナーどこですか?」

ベ「はい、こちらです〜!わーい(嬉しい顔)

客2「この本どこに戻したらいいか分かんなくなっちゃったんですけど」

ベ「あ、いいですよ〜、戻しておきますからわーい(嬉しい顔)


ってな具合に。

今日は仕事しながら気になった本を頭んなかでリストアップして、

終わってから5冊ほど借りてきました。

5冊って、実は選ぶの大変なのね。

よく「借りたい本、選んでおいで」ってお母さんに言われた子どもが

あれもこれも!って両手に持ちきれなくなっちゃってる光景を目にするけど、

すっごくその気持ちがわかったような。

((借りた本でコレ良いわぁって思ったものは『読む』にてご紹介したいと思います。))



そんなこんなで、今日も仕事終了。

帰り道、ちょっと遠回りしてH坂町の前住んでたアパートを経由してみました。

あのころは交通手段がバスor自転車しかなくて

(私ってば、なんでこんなところに住んでるんだろう・・・)ってよく思いつめていましたっけ。

それくらいスゴイ場所にあるのですよ。

自動車学校に通っていたのもそこに住んでいたときだったので

何回か教習車で行ったことはあったのですが。

原付で行ったのは今日が初めてだったので、心持ち新鮮でしたぴかぴか(新しい)



でもあらためて行ってみると、やっぱり


坂が急すぎます。


噂で「○ズキの○ョイノリではあの坂を登りきれないらしい」と聞いたことがありますが

それは本当かもしれないなぁ、なんて思いました。

しかし、うちのBiteはこんな処でへこたれるなんてしない!大丈夫でした!!

ある意味、試し走行に行ったみたいになってしまいましたが。

気になっていたアパートも確認したことだし、これで心置きなく帰ることができます。




わーわー言っとりますけども


(↑ここでなぜかアンガールズ風。)

あのアパートは実家を出た私が、初めて一人暮らしをスタートさせたところでもあり、

嬉しかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、いろいろ詰まった思い出の場所なわけです。

友達いっぱい呼んで鍋やったり、

夜中に試験の打ち合わせしたり、

台風直撃のなか飲みにいったり、

公園で花火やって警察の人におこられたり・・・ホントいろいろあったな。


H坂町に住んだ二年間を、私は忘れないよ


(↑ちょっとしんみり気味。)

“住めば都”っていう言葉があるけれど、

本当はそれって、その場所を離れたときに感じるものなのかなぁ?なんて。

ふと、そんなことを感じて家路につきました。



が、

世の中そんなに甘くはなかったです。

っていうか、はっきり言ってちょっとナメてました。

ごめんなさい。


思いっきり寒かった・・・。


やっぱり泉〜仙台は温度差があるのかな、と思ったベリィでした。






















posted by ベリィ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。