2005年07月09日

ベリィにピアス

真夜中の更新です。

昨日調子にのってアウトドアを楽しんでいたら

ムシに刺されてました。

しかも、左モミアゲのところ。

こんな変なところ・・・


なんで??



今日はいつもより少し早めに仕事あげてもらったのですが

帰ったあと、お風呂入って、

お腹すいたのでもやしサラダ(気持ちカロリー低く)食して・・・

とやっていたら、どうしてもこんな時間になってしまいました。

そして明日(もう今日か)は朝早い。

ですが、

「今日は今日、明日は明日」

と自分に言い聞かせて、さぁ更新更新ぴかぴか(新しい)



さっき、ふと気になってMY手帳を開いたところ、

ちょうど一ヶ月記念でした。

何のと言いますと・・・

ピアス穴開通から、ちょうど今日で一ヶ月目なんです。

あまり知人には知らせることなく突然あけてみました。

なにせ、私はひそかに


どっきり仕掛けるのが大好きな人間


ですから。

あ!そうは言っても、あくまで良心的なやつね。

何かちょっとしたどっきりを仕組んで、

反応を見るのが大好きなんです。

・・・ちょっと変な趣味ですね(笑)



で、つい一ヶ月前は

“いきなりピアス穴をあける”というのを実行してみようと思ったわけです。

もちろん、人生初の経験です。

「今までどうしてあけなかったの?」

って、よく聞かれるんですけど(←よっぽどあけてるように見えるのかな?)

それは

ただ単に高校卒業したときにまわりのピアスブームに乗り遅れてしまい

そのあと大学入ってからも、とくに「あけよう」って気にならなかっただけの話で。

つまり、ピアスに興味がなかったんですよね。

「痛いから厭」という人もいるようですが

私の場合、それが理由じゃないことは確か。

っていうより、むしろ痛いのには自分から向かっていくタイプ。

献血なんかも意外と行ってますし(笑)



そんなこんなで、あけてみました。

でも、ただあけるんじゃあ面白くも何ともない。

どうせやるならば!!


3つあけたろうじゃないか


Sくんも友人も、そこそこびっくりしてくれたので

まぁ良しとしよう。

ただ母親にメールでそのことを伝えたら

「なんでまた・・・でも、あんた耳ちっちゃいから良いかもね!


私はデカ耳だから似合わないけど


との返事が。

何だ、その薄い反応は!?

もうちょっとマシなコメントを期待していたわよ。

・・・っていうか、ちょっと待って??


私、あなたの娘じゃないですか??


耳のかたちは多少なりとも似ているんじゃないのかい?

まぁ、いいか。

とりあえず、完成にはもうちょっとかかるらしいので

気長に待ちます。

その間、ピアスのプレゼントは歓迎します(笑)



今日のタイトル、

どうしよっかなぁと思った瞬間『蛇にピアス』がポンと浮かんだので、

ちょっとアレンジしてみました。

タイトルは思いついたものを入れることが多いですね。

あまり考えないで、語感が良いものをつけるように心がけています。

そんなところもまた楽しいブログ。



あ、そうそう。

話はちょっと戻って『蛇にピアス』。

数年前、お財布が今よりも淋しかったあのころ。

私は、立ち読みだけで読破しましたあせあせ(飛び散る汗)

(どれにしようかなぁ)と迷ってパラパラと立ち読みすることはあっても

小説を一冊読みきったのは、あれが初めてです。

この私も今までいろんな本と出逢ってきたけれど、

あんなに“痛さ”を上手いこと表現する小説といったら他に見当たらないですね。

しかも、ある部分だけじゃなくて

小説全体が痛い。

身体的な部分だけじゃなくて

精神的にも痛い。

いろんなところに痛さがあって

カラダがよじれそうになりながらも、思わず読みきってしまっていました。

痛いけど、それが同時に快感でもあるんだろうなぁ。

そう。

人生はいつでも表裏となり合わせなのです。

どっちに転ぶか分からない。

けれど、その綱渡り的な危なっかしさにスリルを感じてしまうのも確か。



ピアス穴を「ガチャコン!!」とあけた瞬間、

なんかそんなことを考え。

そして思った。


「これはクセになりそうだ」


みなさん、今度はまたいきなり穴が増えているかもしれませんよ。





















posted by ベリィ at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。