2005年09月13日

やっぱり無理でした

朝にははっきりと覚えていた夢も

時間が経つと忘れてしまうものなのですね。

夢っていうのは不思議です。

幼いころから夢には興味があったので

“夢日記”なるものをつけていた時期もありました。

それにしても、どうして梶原くんが・・・。

昨日の夜はアンガールズのDVDを観ながら眠ったはずなのに。



今日は休み明け

ひさしぶりに友人たちに会いました。



N、可愛くなってたな〜

私もがんばろう、うん。



今日は疲れてしまったので、また明日。
posted by ベリィ at 00:17| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

哀しい夢

今日の朝、ひさしぶりに哀しい夢を見た。

キングコングの梶原くん

キングコング梶原.jpg



先立たれる夢・・・。

これについては長々と書けそうなんだけど

これから学校に行かなくてはならないので、

覚えていたら書くことにする。




posted by ベリィ at 11:15| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

現金、ハイオク、満タンで。

みなさんこんばんは〜。

今日、人生で初めてGSにて

「現金、ハイオク、満タンおねがいします」

という言葉を発しました、ベリィです。

ずっとあこがれていたので、ちょっとドキドキしました。



きのうは学校からの、慌ただしい更新でしたが

予告していたとおり原付の保険更新&オイル交換に行きました。

15分程度で無事終了し、そのあとはRちゃんちへ。

RちゃんがNANAのゲームを買ったそうで

「ベリィさん、やっていいですよ〜」

と言われたんですが、

私生活ではほぼゲームとは無縁の私です。

PS2も家にあることはありますが、

DVDを観るときだって弟にやってもらえば事足りるので・・・。

で、試しにちょっとだけと思い、やってみることになりました。



NANA GAME



「ベリィさんてば、見かけによらずゲーム音痴ですね〜」

かわいい顔してなかなかトゲのある言葉を吐くRちゃん。

「だって、普段はまったくやらないから・・・」

と、私。

内容を簡単に説明すると

自分が“なな”として

707号室(ナナ&奈々の住まい)のとなりの部屋に住むことになり、

バイトや恋愛をしながら

東京での生活をエンジョイするというもの。

最初は新しい環境にも慣れず淋しい日々を送る“なな”であったが

お隣さんやその友達とも打ち解け、しだいに仲良しになっていく・・・。



さて、私の“なな”はといえば

レンを狙おうとするも、ナナという手堅いガードは緩む気配がなく

バイト先のジャクソンでは、ことごとく幸子に邪魔をされ

私には彼なんてできないのかしら・・・なんて思っていたころ。



現実世界での彼氏・柴犬くんから“仕事終わったよ〜”の電話が入る。

いったんゲームを中断するも

「ごめ〜ん、





ヤスからメールが入ったから ふらふら





と言って切ろうとする始末。

あ、柴犬くんの電話はもちろん嬉しかったんですけどね。

・・・まさかヤスから誘われるなんて思ってもみなかったからさぁ あせあせ(飛び散る汗)

で、結局

28時過ぎまでやってましたとさ。

全然ちょっとじゃないじゃん。



何だかんだで

お泊り会、大好きです 揺れるハート






posted by ベリィ at 00:06| 宮城 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

学び舎にて 2

今日も、学校から更新しております。

ど〜も、こんにちはベリィでございます 晴れ

家のPCとはキーボードの勝手が違うので

打ちにくくて非常に



“いずい”



状態です。

分かるでしょうか?いずい・・・




学校にはちょっと用事があって寄ったのですが

今日はこのあと

先日行けずにそのままになっていた原付のオイル交換と

夕方からはバイト先の後輩・Rちゃんと遊ぶことになっています。

だから、家には帰らず出かける予定なのですが

さっきバッグを開けたら、あることに気づきました。





目薬が無い。





ドライアイっ子の私にとって、これは痛いです。

一気にテンション下がり気味 バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

細かいものを忘れやすいタチなので、

バッグに入れておくようにしてはいるんですが

それでも今日は忘れました。

しかも、家に引き返すというのも面倒です。

ま、いいや。

行く途中で買おう たらーっ(汗)





・・・・・・

って、

いつもそれで済ますから



目薬王国



になるんだよなぁ。
posted by ベリィ at 15:05| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

Short Story〜ある彼と彼女の話〜

これから始まる話は

今日もどこかの街で暮らす、「彼」と「彼女」の話である。





朝になり、あまりの暑苦しさに彼女は目を覚ました。

外は、ここ数日のどんより感を吹き飛ばしたかのような、見事な快晴である。

布団に横になったままで少し考え、彼女は彼にメールを打ち始めた。

「おはよう。昨日は電話ありがとう。

 一晩寝て起きて、一番最初に考えたのはやっぱりアナタのことでした」

そして、何事もなかったかのように、また今日がはじまる。



彼と彼女は、もう長いこと付き合っている。

これまでとくに危機的な喧嘩もなく、まわりからも仲良しと言われ

本人たちもそのつもりで、ここまでやってきた。





彼は、いつものようにコンビニに立ち寄った。

のどが渇いたので、冷たいジュースでも買おうと思ったのである。

店内を歩いていると、ある雑誌が目に付いた。

彼女の好きな、ある俳優が表紙を飾っている。

彼女がその男の話をするときには、

こんな奴のどこが良いのだろうと思うときもあったが

そこはぐっと言葉をのみ、耳を傾けてやっていた。

この雑誌、彼女はもう買ったのだろうか。

そういえば、最近彼女の家にはしばらく行っていない。



そのころ彼女は、いつものように車を走らせていた。

信号が赤になり、走っていた車の流れがとまると、ふと空を見上げた。

今日は雲のスピードがとても速い。

びっくりするほど速い。

空を撮るビデオカメラの映像を早回しにしたような、

TVや映画のあれに似ていると思った。

どうでも良いことかもしれなかったが、そのことを無性に彼に伝えたくなった。



彼と彼女は、別段会っていなかったのではない。

いつもと変わらぬペースで遊んでもいたし、

たまには遠くに出かけたり、映画を観に行ったりもした。

彼も彼女も仕事をしており、会うのが困難なときもあったが

それでも時間を作って会うように心がけていた。

そのうち彼のほうが少し忙しさを増し、彼女は時間を持て余すことがままあった。

とは言っても、都合がつかない日だってあることは彼女も理解していたし、

彼の身体を気遣いながらも、帰りを待っていたのである。



彼と彼女は、一緒に暮らしているわけではない。

そのため家に帰ったら、どちらからともなく

“今帰ったよメール”をすることが日課となっていた。

彼が仕事の遅くなる日は彼女が待ち、

逆に彼女が遅くなる日は彼のほうが待つことになったが、

いつしか彼女が彼の帰りを待つことのほうが多くなっていた。

彼からの連絡がないうちは、彼女も寝ないで待っていようと思う。

しかし、彼女も仕事で疲れているときには

待ちながら寝てしまうこともたびたびだった。



その日も、彼女は彼より早く家に着いたので

ケータイを手に取り、メールを送る。

「今日の帰りは遅くなるの?」

すると、すぐに返事が送られてきた。

「今日も遅くなりそうだよ。でも、すぐに帰るつもり」

その言葉を信じ、彼女は今日こそは寝ないで待っていようと決意した。

昼間に見た空のこと

その日道で偶然会った友人のこと

買い物に出かけて手に入れたもののこと・・・

何でも良いから、彼と話がしたいと思ったのである。

メールではなくたまには電話にしてみようと、

「帰ったら電話をください」とだけ打ったあと

ケータイを充電器にかけた。



この日も決して早いとは言えなかったが、帰宅後に彼からの電話が入った。

すると彼女は、最近感じていたことをとぎれとぎれに語りだした。

彼は驚いたようだったが、ときに相槌なんかを打ちながら聞いていた。

彼女の感じていたもの、それは“えも言われない空しさ”だった。

ゆっくりではあるが言葉を選びながら、彼女は彼に伝えていく。

「今日でおしまいにしようかと思っちゃったよ〜」

彼女は少し冗談めいた口調で言ったつもりだったが、

彼には彼女が思いつめているような感じに聞こえたようだった。



そのあと、彼と彼女はしばらく他愛も無い会話をした。

一見するとどうでも良い話のようだけれど、二人にとってはどうでも良くない話を。



彼女にとっては、その行為自体が何よりも大切だったようだ。

彼にとってもまた、その行為は必要と思えた。

最初は涙をこぼした彼女も、しばらくすると落ち着いた表情を取り戻していた。



そして電話を切ったあと、彼女は眠りについた。

posted by ベリィ at 16:22| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめでとうJAPAN

今日はバイトだったのですが

台風の影響か

はたまた対ホンジュラス戦の影響か・・・。

おかげさまでTVで中継を見ることができました。

えぇ、普通に見てました。

あれが宮城スタジアムで行われていたのかと思うと

今にも店を飛びだしたい衝動に駆られましたが たらーっ(汗)

観戦に行った方は楽しめたでしょうね。

私はサッカーについては全く詳しくないのですが

ドラマチックな展開で、非常に良かったです。

そういえば試合中にふと気になったんですけど

ホンジュラス側に、

ホンジュラスっていう選手いませんでした?

日本で日本さんというのはなかなか聞かないけど

宮城に住む宮城さん、みたいな感じでしょうか。

どうでも良い話でしたね、すみません・・・。



今日はあのあと

大学内の生協に行こうとウロウロしていたら

ぷー子に会いました。

会うのは久しぶりのはずなんだけれど

全然久しぶりな感じがしないね〜

なんて言いながら、ちょっと立ち話を。

blog のチカラは偉大ですね。

私のなかでは連絡窓口のような存在です。



今日は疲れたのか

あまり長い文がかけそうにないので

これでおしまいにしたいと思います。



最後に、お昼に載せられなかった写真を。

3ヶ月間ずっと入れてたピアスちゃんです。

↓↓

CIMG0169.JPG
posted by ベリィ at 01:04| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

学び舎にて

みなさんこんにちは、ベリィです。

今日は、めずらしく学校からの更新です ぴかぴか(新しい)

何でかって?

いやぁ、4年ともなるとね

いろいろやることもあるんですよ・・・。

でも、一番の理由は



大事な資料作っているときに





家のPCがフリーズなんかしたら





困るから。

このあいだもね、

めずらしく blog の更新以外のことで

カタカタ カタカタ と打っていたんですよ。

私自身、動き出すまでには時間がかかるほうなんですが

いったん始めてしまえば、何時間と続けて仕事を進めるタイプです。

なので、半日くらいPCつけっぱなしでいることもあります。



はじめの1時間くらいはまだ元気。

そのうち2時間、3時間を過ぎたあたりから、

気を抜くと

「プ・・プププ・・・・ププププ・・・」

ってな感じで、おかしい音を発してきます。

でも、かまわず強制終了のボタンを押して無理やりつづけた場合

その間隔は短くなってゆき、

ついには見たことのない幾何学模様が現れる始末 あせあせ(飛び散る汗)

そんな気分屋なウチのPCちゃんです。

最近過労気味なので、たまには休ませてあげようかと思い

わざわざ学校まで来ました。

と言っても、家から原付で3分の道のりです。

帰りは出てすぐ一方通行なので5分かかります。



いろいろと余計な話をしましたが

今日は図書館に来たのですよ、実は。

借りた本の資料整理を学校でやろうと思ったんですね。

そういう事情があって、今は学校のPCの前にいるのです。



さっきまでいた図書館。

案の定、私の目的とする本は開架の書庫に並んでいなかったので

一人で閉架書庫まで行くことにしたんです。

なんか嫌なんだよなぁ、あの雰囲気。

しかも休みということも重なり、節電モードになってて

半分以上電気消されちゃってるし がく〜(落胆した顔)

横から“にゅっ”と人がでてきて

いきなり話しかけられたときには

思わず仰け反ってしまいました。

だって、その人がこっちに来たの見えてなかったから ダッシュ(走り出すさま)

でもその反面、良いこともありました。

最近図書館で働いていることもあって

本探しがスムーズにできるようになったと実感できたこと!

これは便利だな〜と思いました。



そんなこんなで、今に至っております。

あ、そうそう。

今日はね、私のなかで

“開通記念日”

なんですよ。

何がって?





・・・ピアス穴開通記念日!





まぁ、正確には明日なんですが

今日は試し走行でもしてみようかと思い

ドキドキしながら

今までお世話になったファースト・ピアスをはずしました。

あらためて見ると





太っっ!!





そう、通常のファースト・ピアスだと1_程度らしいのですが

私の付けていたのは、1.5_。

そのため、失敗したくなければ





3ヶ月はガマンしてね!!





と、看護師さんに念押しされました。

以後、この飽きっぽいことで有名な私が

雨の日も風の日も(←まったく関係ない)

毎日毎日ケアをがんばったわけです。

とくに夏に開けた場合は、

消毒を怠ると化膿することにもなりかねないので

いっそうがんばりました。

その努力の成果が、今日試されたのです!

正直に言います。





開けるときよりよっぽど緊張しました。





だってさ、

開けるときは先生や看護師さんが付いていてくれたのに

今日は一人なんですもん・・・。

そりゃあ、病院をでる前に

3ヵ月後の“ピアスをとる練習”はしたんだけれども。

あんな練習で

うまくいくんかな〜と。

とりあえず

今日は左右1コずつはずしてみました。

(開けたのは左2、右1の計3つです。)

右は、難なくクリアしました。

左をはずした瞬間、穴からなにやら赤いものが ふらふら

しかし、消毒してしばらく様子を見たら大丈夫そうだったので

そのままピアスを入れました るんるんるんるん

今更なんですが

なかった穴ができてるって不思議〜!!

初体験なので、今とても楽しいです。

もともと肩こりなので

重いピアスとかはできないと思うんですけど。

最近は買い物に出かけたとき

ひそかにピアス探しをしながら歩いているので

だいぶ増えてきました。

でも、今日になって気づいたことがひとつ。





バイト用の小さいピアスが無い。





仕事行く前に探してきます。

 
posted by ベリィ at 12:22| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

『NANA』

CIMG0164.JPG


記事タイトルを見ていただければ、お分かりかと思いますが

今日は『NANA』を観に行ってきました るんるんるんるん

公開してからまだ3日目なので、これから観に行かれる方のために

内容には極力ふれないように気をつけます あせあせ(飛び散る汗)



以前にもここで書いたように

( 『COMIC BATON』 参照)

漫画のNANAはもう何回も読み返しています。

正直、映画化されるのを知ったときは

観に行くべきか行かないべきか、どっちにしようって思いました。

でも、

先日HMVで中島美嘉(大崎ナナ役)の唄う主題歌を視聴していたら

案外良かったんですよ、コレが!

矢沢あい作詞、Hyde作曲っていうアレね!

だから半分は、中島美嘉を観に行ったという感じです。

最近とくに好きなので ( ´−`)



ここからは本編について、ネタバレしない程度に感想を。

まずキャスト。有名どころでは・・・



大崎ナナ(ナナ) → 中島 美嘉

小松奈々(ハチ子)→ 宮崎 あおい

寺島伸夫(ノブ) → 成宮 寛貴

本城蓮 (レン) → 松田 龍平

一ノ瀬巧(タクミ)→ 玉山 鉄二


ナナはやはり、噂どおりのハマリ役でしたね。

そのほかの役者も、はじめは違和感があったのですが、

映画が進んでいくうちに慣れていきました。

以前、私のすきなNANAキャラはレンだ、と公言していたと思います。

レン役の松田息子、

もうちょっと顔がコケていたらなぁと思いました。

役が役だけに、裸のシーンも断トツに多かったのですが

それももうちょっと割れてたら良かったなぁと思いました。

しかし、遠目に映すシーンなんかでは

背丈のバランス等、ナナとも良いコンビネーションで

思わず惚れ惚れしました 揺れるハート

タマテツは、今回は出番少な目・・・。

次回作があるとしたら、それに期待しましょう!



今回、見ごたえがあったのは

ずばりサチコ!!

コミックでは大多数の人に嫌われているであろう彼女ですが

映画では、なんか知らないけど可愛かったような・・・。

次に読み返したら、サチコに対する見方が変わるかも??



あ、そうそう。

上映前の空き時間、

「今回の映画はコミックでいうと何巻までになると思う?」

という大胆予想を、柴犬くんと二人でして遊んでいました。

結果。

見事にはずれました・・・。

さて、どこまでだったのでしょう?

気になった方は、是非足を運んでご覧になってみてください ぴかぴか(新しい)




posted by ベリィ at 21:43| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(3) | 観<みる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんく先の紹介(其之壱)

リンクが貼れないので、カテゴリを設けてみました。

タイトルをクリックすると、各サイトへ飛ぶことができます。

是非、ご活用ください。



かわいい『らくだぐだら生活』
 書き手:らくだぐだら嬢(♀)
 ベリィの親友、らくだちゃんがプロデュース!
 おすすめはしますが、笑い死にした場合の補償はできかねます。


かわいい『THE LUMINARY TRANCE』
 書き手:Mizuki姫(♀)
 ベリィの友人、Mizukiがプロデュース!
 カナダのフレッシュな空気を取り込みたい人に。


かわいい『柴犬堂』
 書き手:柴犬(♂)
 ベリィの相方、柴犬くんがプロデュース!
 更新は・・・気がむいたときに。


かわいい『東北学院大学4年生が書く日々の情景』
 書き手:ヒズくん(♂)
 多趣味と多忙で有名な、ヒズくんのサイト。
 引き出しも多いので、なんだか物知りになった気分。


かわいい『たつひろの徒然草』
 書き手:たつひろくん(♂)
 淡々と書き綴った文章が魅力的な、たつひろくんのサイト。
 夜中に“クスリ”と笑いたい方は是非お試しあれ。


かわいい『FRY,ME,FRY』
 書き手:ぷー子(♀)
 山形と仙台を毎日行き来するがんばり屋さん、ぷー子のサイト。
 本のことで知りたいことがあったら、聞いてみよう。


かわいい『★☆★1983★☆☆』
 書き手:ちゃみさん(♀)
 毎日サクサクっと書いてる、ちゃみさんのサイト。
 音楽のことで知りたいことがあったら、聞いてみよう。


かわいい『あいの日記♪』
 書き手:あいさん(♀)
 ほんわかした文章が魅力的な、あいさんのサイト。
 疲れちゃった人は、癒されに行こう。


かわいい『doodles』
 書き手:桜雪さん(♀)
 詩的な文章で楽しませてくれる、桜雪さんのサイト。
 最近はますますアクティブなご様子。

posted by ベリィ at 17:45| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | りんく先の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私に影響を与えた人〜E美先生の話〜

blogのよいところは

日記形式でいつでも気軽に書いていけるところだと思いますが、

ときには

過去をふりかえってみる日があっても良いんじゃないだろうか?

そう思いたち、PCを開きました。

今日は、

私ベリィの恩師であるE美先生のお話です。






先日、E美先生から一枚の葉書が届いた。

2ヶ月くらい前、夏のはじまりに出した私の葉書へのお返事である。

教師という仕事の都合もあり、多少遅くなることもあるが必ず返事が返ってくる。

私とE美先生は

今でも毎年のはじまりはあいさつを兼ねて年賀状を、

そのほかにも年に数回の手紙や葉書を交換している。



先生と私が出会ったのは、私が小学4年のころ。

であるから、

もうすでに10年以上のお付き合いになるらしい。

先生は、私の担任としていろいろお世話してくださった。

といっても、

そのころE美先生は“本当の先生”ではなく

“K島先生の替わりの先生”なのだと教えられていた。

つまり、

担任になるはずだったK島先生が産休で休職することになった為、

当時まだ臨採として働きはじめたE美先生が

私たちのクラスを代理で受け持つことになったのである。

言わなくてもお分かりだと思うが、

新任の先生というのは、たいてい子どもたちになめられるものである。

ましてや小学4年生などという年齢では、

大人に対して必要以上に厳しい目をもつ年頃かもしれない。

そんな私たちのクラスに、先生がやってきた日のことを

私は今でもはっきりと覚えている。



先生は、朝の会で軽く自己紹介をしたあと

「今から見せたいものがあるので、体育館に移動してくれるかな」

とおっしゃった。

新しい先生との初顔合わせで戸惑いながらも、私たちは体育館に移動した。

そこで披露されたのは、

バトントワリング。

何でも、バトンは先生の特技らしく

投げたり跳んだりと演技を見せてくれたのである。

でも正直、どんな反応を示していいのか私たちには分からなかった。

子どもは子どもなりに、何か反応しなくちゃと思うのだが

私だけでなくて、それはみんな同じ気持ちだったんじゃないだろうか。

でも、10年以上の時が過ぎてもこれだけ印象に残っているのだから

人間の記憶って不思議だ。



そのあと、休み時間になるとトイレ会議が始まった。

べつにそんな会議をしようと思ってトイレに行くわけではないのだけれど

気付いたらクラスの女子のほとんどがトイレに集まってきて

会議みたいになってしまったのだ。

「今度の先生どう思う〜?」

「K島先生のほうが良かったよね〜」

「だよね〜」

こんな感じで、次のチャイムが鳴るまで議論がつづいた。

今思うと、この年頃の女の子は

考え方がもう大人とほぼ同じのようだ。

学校とひとくちに言っても、

社会をミニチュアにしたようなものなのだから、いろいろな子どもがいて当然だ。

「ベリィちゃんはどう思う?」

と聞かれ、

「う〜ん、どうかな。まだもうちょっと経たないとどんな人か分かんないし・・・」

との返答は、いかにも私らしい気がする。



この日からしばらくは、

クラス中ががピリピリした雰囲気になってしまいどうも落ち着かなかった。

圧倒的に、K島支持派のほうが多かったのである。

私はというと、

K島先生のころも良かったかなぁなんて思いつつ

みんなが言うほどE美先生も悪くないんじゃないかと思っていた。

敢えて口には出さなかったけどね。



その頃の先生といえば、

思い出すのは泣いてる姿だ。

授業が終わったあとの帰りの会では、

必ず“うれし泣き”か“本気泣き”のどっちかをするのがお決まり。

そんなことが毎日なので、生徒たちも

「先生泣くなよ〜」とか

「元気だして〜」とか

言ってあげるのがお決まりになっていた。

変な関係だけど、それが私たちのクラス。

先生は少し頼りなかったけど

何事に対しても前向きで、生徒と一緒になって何でもやってくれる姿勢が

私たちの距離を縮めたんじゃないかと思う。



K島先生にもだいぶお世話になったけれど

E美先生にはそれ以上に

というか、現在進行形で今もお世話になっている。

生徒と先生という域を超えて

いち生徒を“友達”とよんでくれる先生も、まずいないだろう。





ばあちゃんの浸けた梅酒をロックでいただいていたら

さすがに効いてきました・・・。

この続きは、また後日。
posted by ベリィ at 03:21| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

買っちゃったぁ☆

みなさん、ご心配をおかけしました。

今日もなんとか元気にやっております。



昨日は、バイト先の後輩にあたるRちゃんがお泊りしていきました。

Rちゃんはベリィよりも2歳年下、

地元は私と同じ。

こんな私にも、厭な顔ひとつせず付き合ってくれます。

おとといは晴れていたので、

二人して原付でお出かけし

きのうは雨だったので、

とある素敵なお店で飲みました。

それでも話し足りなかったので、家によんだというわけです。



今日Rちゃんを送っていく途中、ひょんなことから家具の話題になり

ベリィんちにも座椅子なんかがあったらいいよねぇと話していました。

それで、



さっそく買っちゃいました、座椅子。


CIMG0163.JPG


しかも、低反発!

近頃の座椅子はすごいですね。

今月も仕事がんばった、自分へのご褒美に るんるんるんるん

これで腰の痛いのもちょっとは解消されるかな〜?

っていうか、もっと早く買えばよかった・・・。




posted by ベリィ at 19:43| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 語<かたる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

こんな日もある。

きのうから体調がいまひとつ・・・。

見かけのわりに頑丈な私がめずらしい、と我ながら思います。



思い当たる原因は、あることはある。

っていうか、それに決まってる。

でも、いつもと症状が違ってる。

こういうとき、何のクスリ飲んだら良いんだろう??

何も考えずに寝たら良くなる気もするが・・・

あと1時間もしたら仕事に向かわねばならない。

しかも立ちっぱなしの動きっぱなしだ。

基本的にはボランティアだから、休んでも差支えがないといえばない。

でも、きっと私が行かなかったらあそこは大変なことになる。

それが分かっているから、まさか行かないなんて電話は入れられないしな。

ここはやっぱり行くべきだろう。



今日の朝、目覚めてもやっぱり体調は変わらなかったが

気分を変えようと思い、外にでて原付を洗ってあげた。

加入していた盗難保険の期限が近づいてきたため、

延長の手続きをせねばならない。

その際、「これならいくら補償しましょう」っていう軽い査定が必要で。

あまり愛情を受けていない原付は手厚い補償金も得られないかも

と読んだ(深読み?)私は、

とりあえず洗って持っていくことにした。

いつも以上に、気合をいれて洗った。

我ながら完璧 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

家にもどって一安心していると





ゴロゴロゴロ〜〜〜 雷雷





・・・って、ちょっとちょっとちょっと





雨降りだしたよ〜!?






原付乗っていけないぢゃん。

posted by ベリィ at 12:09| 宮城 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

二年半記念

きのう更新しようと思ったんですが

写真をアップしている途中でフリーズを起こす始末・・・。

載せる写真の数を厳選してお送りします 揺れるハート



さて、先日北のほうへ行くということを告げておしまいにしました。

行ってきました。

行ってきましたよ、



岩手県花巻市



もうちょっと足をのばせば地元に行けそうなところまで行ってみました。

1日の二年半記念に託けて、遠出ドライブをおねだりしました・・・。

宮沢賢治童話村というところです。

そういえば、まだ記念館に行ったことないなぁと思いまして。

(前に家族と行こうとしたときは休館日でした・・・)

記念館は童話村の向かい側にあり、

今回は時間もそんなになかったので童話村のほうのみ見学しました。

まだできて数年しかたっていないということもあり、新しくてキレイです。

平日でもそこそこにお客さんも入ってましたし

広々とした感じで、子どもも楽しめる感じが好印象です。

では、写真プラスちょっと解説つき。




CIMG0134.JPG

「ファンタジックホール」
入って奥、賢治の学校という建物のなかの一コマ。
これ、柴犬くんに撮ってもらったんですけど
なかなか素敵と思いません?
白い部屋に白い椅子がいっぱい置いてあって、
絵本の中に入っちゃったみたいな感覚!



CIMG0139.JPG

「賢治の学校」
こちらが賢治の学校の全景。
手前は広々とした芝生スペースになってます。
イベントとかでも使えるんだろうね。



CIMG0147.JPG

「銀河鉄道」
賢治の童話でも一番有名と思われる
『銀河鉄道の夜』をモチーフに・・・。
村のなかには数々の石像や彫刻がありました。
見ているだけでも楽しいです。



CIMG0149.JPG

「星めぐり」
床に星座が散らばっています、の図。
なかなかおもしろい発想ですね。
賢治の作品には星もいっぱいでてきます。



CIMG0151.JPG

「やまなしの小川」
癒されますねぇ・・・。
ここは、『やまなし』にでてくる小川をモチーフにしているそうです。
知っている人は少ないかもしれないけれど、
とあるサワガニの兄弟のお話。




ちなみに私は宮沢賢治と同じ県出身で、賢治作品はほぼ知ってます。

柴犬くんはあんまり読んだことがないと言ってましたが

知らない人でも充分楽しめると思います。

みなさんもお出かけしてみては?


posted by ベリィ at 10:51| 宮城 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 歩<あるく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。