2005年09月06日

『NANA』

CIMG0164.JPG


記事タイトルを見ていただければ、お分かりかと思いますが

今日は『NANA』を観に行ってきました るんるんるんるん

公開してからまだ3日目なので、これから観に行かれる方のために

内容には極力ふれないように気をつけます あせあせ(飛び散る汗)



以前にもここで書いたように

( 『COMIC BATON』 参照)

漫画のNANAはもう何回も読み返しています。

正直、映画化されるのを知ったときは

観に行くべきか行かないべきか、どっちにしようって思いました。

でも、

先日HMVで中島美嘉(大崎ナナ役)の唄う主題歌を視聴していたら

案外良かったんですよ、コレが!

矢沢あい作詞、Hyde作曲っていうアレね!

だから半分は、中島美嘉を観に行ったという感じです。

最近とくに好きなので ( ´−`)



ここからは本編について、ネタバレしない程度に感想を。

まずキャスト。有名どころでは・・・



大崎ナナ(ナナ) → 中島 美嘉

小松奈々(ハチ子)→ 宮崎 あおい

寺島伸夫(ノブ) → 成宮 寛貴

本城蓮 (レン) → 松田 龍平

一ノ瀬巧(タクミ)→ 玉山 鉄二


ナナはやはり、噂どおりのハマリ役でしたね。

そのほかの役者も、はじめは違和感があったのですが、

映画が進んでいくうちに慣れていきました。

以前、私のすきなNANAキャラはレンだ、と公言していたと思います。

レン役の松田息子、

もうちょっと顔がコケていたらなぁと思いました。

役が役だけに、裸のシーンも断トツに多かったのですが

それももうちょっと割れてたら良かったなぁと思いました。

しかし、遠目に映すシーンなんかでは

背丈のバランス等、ナナとも良いコンビネーションで

思わず惚れ惚れしました 揺れるハート

タマテツは、今回は出番少な目・・・。

次回作があるとしたら、それに期待しましょう!



今回、見ごたえがあったのは

ずばりサチコ!!

コミックでは大多数の人に嫌われているであろう彼女ですが

映画では、なんか知らないけど可愛かったような・・・。

次に読み返したら、サチコに対する見方が変わるかも??



あ、そうそう。

上映前の空き時間、

「今回の映画はコミックでいうと何巻までになると思う?」

という大胆予想を、柴犬くんと二人でして遊んでいました。

結果。

見事にはずれました・・・。

さて、どこまでだったのでしょう?

気になった方は、是非足を運んでご覧になってみてください ぴかぴか(新しい)




posted by ベリィ at 21:43| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(3) | 観<みる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんく先の紹介(其之壱)

リンクが貼れないので、カテゴリを設けてみました。

タイトルをクリックすると、各サイトへ飛ぶことができます。

是非、ご活用ください。



かわいい『らくだぐだら生活』
 書き手:らくだぐだら嬢(♀)
 ベリィの親友、らくだちゃんがプロデュース!
 おすすめはしますが、笑い死にした場合の補償はできかねます。


かわいい『THE LUMINARY TRANCE』
 書き手:Mizuki姫(♀)
 ベリィの友人、Mizukiがプロデュース!
 カナダのフレッシュな空気を取り込みたい人に。


かわいい『柴犬堂』
 書き手:柴犬(♂)
 ベリィの相方、柴犬くんがプロデュース!
 更新は・・・気がむいたときに。


かわいい『東北学院大学4年生が書く日々の情景』
 書き手:ヒズくん(♂)
 多趣味と多忙で有名な、ヒズくんのサイト。
 引き出しも多いので、なんだか物知りになった気分。


かわいい『たつひろの徒然草』
 書き手:たつひろくん(♂)
 淡々と書き綴った文章が魅力的な、たつひろくんのサイト。
 夜中に“クスリ”と笑いたい方は是非お試しあれ。


かわいい『FRY,ME,FRY』
 書き手:ぷー子(♀)
 山形と仙台を毎日行き来するがんばり屋さん、ぷー子のサイト。
 本のことで知りたいことがあったら、聞いてみよう。


かわいい『★☆★1983★☆☆』
 書き手:ちゃみさん(♀)
 毎日サクサクっと書いてる、ちゃみさんのサイト。
 音楽のことで知りたいことがあったら、聞いてみよう。


かわいい『あいの日記♪』
 書き手:あいさん(♀)
 ほんわかした文章が魅力的な、あいさんのサイト。
 疲れちゃった人は、癒されに行こう。


かわいい『doodles』
 書き手:桜雪さん(♀)
 詩的な文章で楽しませてくれる、桜雪さんのサイト。
 最近はますますアクティブなご様子。

posted by ベリィ at 17:45| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | りんく先の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私に影響を与えた人〜E美先生の話〜

blogのよいところは

日記形式でいつでも気軽に書いていけるところだと思いますが、

ときには

過去をふりかえってみる日があっても良いんじゃないだろうか?

そう思いたち、PCを開きました。

今日は、

私ベリィの恩師であるE美先生のお話です。






先日、E美先生から一枚の葉書が届いた。

2ヶ月くらい前、夏のはじまりに出した私の葉書へのお返事である。

教師という仕事の都合もあり、多少遅くなることもあるが必ず返事が返ってくる。

私とE美先生は

今でも毎年のはじまりはあいさつを兼ねて年賀状を、

そのほかにも年に数回の手紙や葉書を交換している。



先生と私が出会ったのは、私が小学4年のころ。

であるから、

もうすでに10年以上のお付き合いになるらしい。

先生は、私の担任としていろいろお世話してくださった。

といっても、

そのころE美先生は“本当の先生”ではなく

“K島先生の替わりの先生”なのだと教えられていた。

つまり、

担任になるはずだったK島先生が産休で休職することになった為、

当時まだ臨採として働きはじめたE美先生が

私たちのクラスを代理で受け持つことになったのである。

言わなくてもお分かりだと思うが、

新任の先生というのは、たいてい子どもたちになめられるものである。

ましてや小学4年生などという年齢では、

大人に対して必要以上に厳しい目をもつ年頃かもしれない。

そんな私たちのクラスに、先生がやってきた日のことを

私は今でもはっきりと覚えている。



先生は、朝の会で軽く自己紹介をしたあと

「今から見せたいものがあるので、体育館に移動してくれるかな」

とおっしゃった。

新しい先生との初顔合わせで戸惑いながらも、私たちは体育館に移動した。

そこで披露されたのは、

バトントワリング。

何でも、バトンは先生の特技らしく

投げたり跳んだりと演技を見せてくれたのである。

でも正直、どんな反応を示していいのか私たちには分からなかった。

子どもは子どもなりに、何か反応しなくちゃと思うのだが

私だけでなくて、それはみんな同じ気持ちだったんじゃないだろうか。

でも、10年以上の時が過ぎてもこれだけ印象に残っているのだから

人間の記憶って不思議だ。



そのあと、休み時間になるとトイレ会議が始まった。

べつにそんな会議をしようと思ってトイレに行くわけではないのだけれど

気付いたらクラスの女子のほとんどがトイレに集まってきて

会議みたいになってしまったのだ。

「今度の先生どう思う〜?」

「K島先生のほうが良かったよね〜」

「だよね〜」

こんな感じで、次のチャイムが鳴るまで議論がつづいた。

今思うと、この年頃の女の子は

考え方がもう大人とほぼ同じのようだ。

学校とひとくちに言っても、

社会をミニチュアにしたようなものなのだから、いろいろな子どもがいて当然だ。

「ベリィちゃんはどう思う?」

と聞かれ、

「う〜ん、どうかな。まだもうちょっと経たないとどんな人か分かんないし・・・」

との返答は、いかにも私らしい気がする。



この日からしばらくは、

クラス中ががピリピリした雰囲気になってしまいどうも落ち着かなかった。

圧倒的に、K島支持派のほうが多かったのである。

私はというと、

K島先生のころも良かったかなぁなんて思いつつ

みんなが言うほどE美先生も悪くないんじゃないかと思っていた。

敢えて口には出さなかったけどね。



その頃の先生といえば、

思い出すのは泣いてる姿だ。

授業が終わったあとの帰りの会では、

必ず“うれし泣き”か“本気泣き”のどっちかをするのがお決まり。

そんなことが毎日なので、生徒たちも

「先生泣くなよ〜」とか

「元気だして〜」とか

言ってあげるのがお決まりになっていた。

変な関係だけど、それが私たちのクラス。

先生は少し頼りなかったけど

何事に対しても前向きで、生徒と一緒になって何でもやってくれる姿勢が

私たちの距離を縮めたんじゃないかと思う。



K島先生にもだいぶお世話になったけれど

E美先生にはそれ以上に

というか、現在進行形で今もお世話になっている。

生徒と先生という域を超えて

いち生徒を“友達”とよんでくれる先生も、まずいないだろう。





ばあちゃんの浸けた梅酒をロックでいただいていたら

さすがに効いてきました・・・。

この続きは、また後日。
posted by ベリィ at 03:21| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。