2005年12月11日

冬のおもいで

↑のブログ紹介の文面を変えないうちに

外はすっかり冬になってしまいました。

寒いときには「寒いの厭っ!!」なんて言いながら

実は冬好きなベリィです。



仙台に引っ越してきてから、今年で4年目の冬です。

ここに来る前は、もうちょっと寒い地方に住んでいました。


「雪の多い地域に住む人は

雪と友だちになる覚悟がなきゃあ 

やってけませんよ」


北海道出身のある方がおっしゃっていたこのことばにも

なんだか頷けるものがあります。

今日は、冬にまつわる思い出話でもしようかと思います。



小学生のころ、転校した先は

冬の時期にはマイナス10度越えがたびたび起こるK巻町でした。

仙台あたりではあまり聞かないかもしれませんが

冬になると寝る前に“水抜き”とよばれる

水道管の水をすべて抜く作業をしなければなりません。

これをしないと、翌朝水がでなくなってさぁ大変!となるからです。

私の住んでいた家は、子どもの足で40分はかかるかと思われる距離にありました。

もう少し先にあったら、バス通学になるところだったのに

ちょうど徒歩圏のはじっこに位置していたのです。

小学校から一番近い家に住んでいたrakudaちゃんのことが

本当にうらやましかったのを覚えています。

毎日泣きそうになりながら、学校から帰っていました。



みなさん知ってますか?

あまりに寒いとね・・・・・・





涙がでてくるんですよ。




ずっと寒いところにいると、耳が痛くなるんです。

耳あてをばかにしたら、痛い目に遭います。

今でも、出かけるときはヘッドフォンでさりげなく守るようにしてます。



つづいて、みなさん知ってますか?

あまりに寒いとね・・・・・・




洗った髪の毛が凍るんですよ。




一緒に通学してたS子が、朝シャンする子だったので

「今日も凍ったよ〜」って毎日言ってました。

で、学校についてしばらくすると解凍するの。

「風邪ひくからやめなよ」って毎日言ってたんですけど

中学校に行ってもS子は朝シャンをやめませんでした。



もひとつおまけに、みなさん知ってますか?

あまりに寒いとね・・・・・・




鼻水が凍るんですよ。




たぶん、経験ある人はあ〜あ〜って分かると思うんですけど。

けっこう笑えます。

分からない人、K巻町に行ってみてください。

ミルクとワインのおいしい、北緯40度のすてきな町です。



posted by ベリィ at 21:45| 宮城 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。