2005年07月04日

遅ればせながら

観ましたっ!


『スウィング・ガールズ』!!


雑誌での評判とか、先に見たっていう友人の話を聞いて、

正直どうかなぁって思っていたんですが・・・。

まずは見てみないことには始まらない、ということで。


簡単なあらすじとしては、

楽器にまったく触れたこともなければ

楽譜の読み方も知らない

山形の女子高生たち(+男子高生1名)が

ジャズを始めちゃうお話。


やる気もなければ向上心もない。

そんなダラダラした練習じゃあ、毎日やったところで上達しない。

だけど、あるときを境に楽器を演ることの楽しさを見出した

スウィングガールズたちは

どんどんジャズの魅力にはまっていく・・・。



高校にあるような吹奏楽部っていうと、

普通は50人とか大所帯になってしまうんだけど、


BIG BANDできるなんてうらやましいよふらふら


っていうのが最初の感想。

映画のなかで使われていた「IN THE MOOD」くらいは演ったことありますけども・・・。

っていうか、

最後のステージではどうして「IN THE MOOD」演ってくんなかったの!?

それだけが残念でなりませんあせあせ(飛び散る汗)

あんなにいっぱい練習してたのにさぁ〜!!

アンコールにでも取っといてるんだろうなぁと思いきや

エンドロール始まってしまって「あれ!?」って感じでした。

Sくんには

「練習しすぎて本番前に飽きちゃったんだって」

と、なだめられましたけどたらーっ(汗)


まぁでも、正直


楽器が吹きたくなりました


ジャズといえば、

高校時代にアンサンブルコンテストという一種の大会がありまして

我らがサックスパートも5人で出場しました。

そのとき演ったのが「For Brothers」という曲で。

あんまり有名ではないかもしれないんだけど、自分としては懐かしい曲のひとつなのです。



映画ではたしか

サックス5・トロンボーン4・トランペット4・ピアノ1・ドラム1・ギター1・ベース1

という17人編成になってたと思いますが、

ジャズは少人数でもできます!

サックスで言うならば

ソプラノ(小っちゃいの)からバリトン(大っきいの)まで揃ってればもぅ

音域もボリュームも広がるので、かなり楽しいです!!


あぁ、私もテナーサックスが欲しい・・・。

お金もなければ練習できるような場所もないけど(泣)



それならせめて叫ぼう。


「スウィングすっぞ〜〜!!」


















posted by ベリィ at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 観<みる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ〜んば〜んわん!今日はあなたの勤め先の隣ではたらいていたよ。でもベリィはDATEしてたのね(*^_^*)嫉妬の嵐?のSくんは元気ですか?また『例のあの人の大爆笑CD』でもBGMにしながら、一緒に河原にでも行きましょうね…今度はあたしも水切りに参加です☆

スウィング・ガールズ見たよ♪いいな〜あたしもまたトランペットを吹きたくなったよ(>▽<)ヾアパートで吹くにはミュートつけないとね。楽器って、お高いのね。。。

Posted by miomio at 2005年07月05日 02:38
そかそか、お仕事お疲れさんでした!miomioちゃんさえ良ければ、いつでもお誘いするよん(^−^)
あ、そうそう。そういえば先日学校の前で見かけたよ。もう夜も更け更けの時間帯だったけど、あの時もお仕事帰りだったのかな??Sくんのがあたしより先に「あれ、miomioちゃんじゃない!?」とかって見つけてたっけ☆っていうか、たぶんSくんもほぼ毎日ここチェックしてくれてるはずだけどね、照れ屋さんだからまだ書き込みはしてくれないねぇ(T_T)
あ、そうだよ!miomioちゃんペッターじゃん!!一緒にスウィングすっぴゃあ〜〜♪♪
Posted by ベリィ at 2005年07月05日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4835020

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。