2005年07月25日

『ジョゼと虎と魚たち』

なんでこんな時間か・・・。

さきほど、映画を一本観終わりました。

眠れないので、更新します。



タイトル: 『ジョゼと虎と魚たち』

監督: 犬童 一心

制作: 「ジョゼと虎と魚たち」フィルムパートナーズ(2003)

出演: 妻夫木 聡、池脇 千鶴ほか




最近はどんなジャンルのを観ても、途中でウトウトしてしまう私なのですが

これは最後まで大丈夫でした!!

というか、

どのように展開していくのかが読めなくて、寝る暇もなかったようなあせあせ(飛び散る汗)

ここんとこ妙に追っかけ癖が出ているせいで

借りて来るのはどうも、ツマブキくん出演の映画が中心になっていますが

そのなかでも“いい役”だったのでは?と思います。

TVドラマではあり得ないような“浮気癖のある役”。

もともと彼は演技派だけど、やはり映画映えする人ですね。

エンディングに「くるり」が使われていたのも良かったです。

以下は、毎度のごとく独り言です。

知らん顔して聞き流してください。





((独り言))


♀「帰れっ!・・・帰れと言われてほんまに帰る奴は、早よ帰れ!!」

♂「・・・・・・」

♀「帰れ!」

♂(ビビって帰ろうとするが躊躇する)

♀「ほんまに帰るんか?」

♂「・・・いや、帰れって言われたから・・・」

♀「(後ろから抱きしめつつ)・・・いやや、帰らんといて」


古典的な手段だけど、こんなこと言われたら誰でも帰れなくなっちゃうでしょ!

オンナの私からしても、思わずドキっとしちゃいましたって。

う〜ん、お見事お見事ぴかぴか(新しい)

ジョゼが関西弁っていうのがまた良いんだろうなぁ。



東北人が真似したって効き目ないんかなぁ。

今度、どうしてもお別れするのが淋しいとき

こんなこと言ってみたらどんな反応するんやろ?

練習しとかなあかんなぁ。



こんなんでどうよ?




















posted by ベリィ at 04:34| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 観<みる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妻さん主演であたしが気になってるのは村上龍の小説が原作になっててなおかつクドカン脚本の『69-Sixth nine-』ってやつなんだけど、見た?
あたしはまだ見てないんだけどかなり気になってるとこ(●´∇`●)もし見る機会があったら感想聞かせてねん☆
Posted by Mizuki at 2005年07月25日 06:19
▲Mizukiへ▲
もちろん観ましたよ〜『69』。高校生が学生運動やっちゃおうって話なんだけどね。最後の最後、「ええっΣ( ̄□ ̄;)!?」って・・・二人して見事に騙されてた(笑)





Posted by ベリィ at 2005年07月25日 11:32
今日見ました…『69』
Yahooでみた予告が面白そうだったのに
イマイチだった〜(@_@)
てかオチは全部作り話だったってこと?????
Posted by Mizuki at 2005年07月28日 07:30
▲Mizuki姫へ▲
おぅ、おひさ!
『69』観たのかぁ・・・う〜ん、たしかにMizukiは好きな映画のタイプじゃないかもしれんねぇ(^−^;)作り話っていうか、行き過ぎた妄想っていうかね。まぁ、たしかに「おいおい、何処から何処までが!?」とは思ったけどさ。でも、ツマブキくん&安藤政信のコンビはなかなか面白いよね。っていうか、そのコンビが現実のものなのかどうかも・・・!?
ツマブキ出演の映画では、一番におすすめするのはやっぱりこの『ジョゼ〜』かな。そっちでも見られるなら、ぜひ♪♪
Posted by ベリィ at 2005年07月31日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。