2005年08月08日

ROCK IN JAPAN FES.2005(其之四)

暑くなるかと思ったら急に雨降ってみたり。

落ち着かない天気ですね。

ここ仙台では、今またザァっと雨が落ちてきました。

今日は一日こんな感じなんでしょうか。

まぁ、たまにはこんな日があっても良いよね。

お待たせしました(!?)

シリーズ第四回は、夕方〜ラスト編です。

筆者の集中力が若干途切れ気味だったりしますが

今日のうちになんとか仕上げたいので、このまま頑張ります!

みなさん気になったことがありましたら

お気軽にコメントいただけると嬉しいです 揺れるハート

では、よろしくです わーい(嬉しい顔)






17:40

SINGER SONGER


あえて最初に感想を述べるとしたら

「私はこの日、SINGER SONGERのステージが見られて幸せでした ぴかぴか(新しい)

中学生のときからずっと聴いてきたCocco

大学進学のために越してきた仙台で初めて買った、くるりのCD

どちらのアーティストも、自分の歴史にはかかせないのだ。

そんな二組が合体してバンド組んじゃうなんて!!

しかも、そんな貴重なステージが観られるなんて!!

素敵過ぎます☆★☆

数年前、Coccoの活動休止を知ったとき、

Coccoはもうみんなの前から消えちゃうんじゃないかと思った。

だけど、私はずっと聴きつづけた。

そして、待ちに待ってこの日がきた。

Coccoの唄声はいつも“まっすぐ”だ。

嬉しいときでも、何かで落ち込んだときにもすんなり入ってくる。

(きっと、歌を唄うべくして生まれてきたってこういう人のことを言うんだろうなぁ)

と、ステージを観ながらぼんやり考えた。

登場と同時に

「かわいい〜」「細ぉい〜」「キレイ〜」

と、みんなの視線を釘付けにした彼女。裸足に真っ青なドレスワンピがよく似合ってる。

「SINGER SONGERの姫だね」

と、隣では柴犬くんがぼそっとつぶやいた。

そう、みんながうっとりするくらいにCoccoは可愛らしかったのだ。

くるりの岸田さんも、

この日はSINGER SONGERというバンドのギタリストとして

寡黙に、でも楽しそうにギターとマンドリンを弾いている。

一曲目の「ロマンチックモード」は、

アルバム『ばらいろポップ』のなかでもとくに私のお気に入りの曲。

最初のサビを唄い終えるまで、Coccoの表情は硬かった。

緊張感がこっちにも伝わってきたけれど

大きく口を開けて笑った姿が、会場を安心させたらしい。

“待ってました〜”

と言わんばかりの歓声と、拍手が響いた気がした。

ライブを観るまで気になっていたのが

「現状20分程度の出演を予定しています。」

とタイムテーブルに書いてあったことだ。

それでも良い、短くてもこの目で観られるんだから!

あ、そうそう。

私は出かける直前まで『ばらいろポップ』を部屋でかけていて

柴犬くんの車に持って行こうと思っていたのに

出発前にあたふたして忘れてしまったという失敗・・・。

前で聴こうと言ったものの、

アルバムの曲を知らない柴犬くんには申し訳ないことをしてしまった。

それだけが後悔 たらーっ(汗)

そして意外だったのが、「SING A SONG」を演らなかったこと。

もともとはCoccoの楽曲で、このバンドを結成したきっかけの曲

と思っていただけに、そこは疑問・・・!?

う〜ん、あれはあえて外したのかなぁ??

SINGER SONGERとしてのライブはあとどれくらいやるのかわからないけど

生Coccoを観られて幸せ 黒ハート

これからもますます応援していきます。






19:00

Mr.Children


私たちにとっては、この日最後のステージ。

日本の音楽シーンでは、知らない人のほうが珍しいと思われるミスチル。

しかも、売れてからずっと人気が落ちることなく

幅広い年齢層に支持されているのも特徴だろう。

前回RIJFに登場したのは4年前だそうな。

「終わりなき旅」で始まったのは予想外だったけど

どうやらこの曲で4年前はステージを降りたらしい、ということが後になってわかった。

(↑と、公式Webサイトに書いてありました)

最近の曲、おなじみの曲といろいろ披露するなかで

印象的だったのは「雨のち晴れ」。

この曲だって、11年前のアルバムに入ってるのだよ?

ど〜りで、こんなに年取るはずだ(笑)

ちょっとRIJFから話題はそれるが・・・

うちの父がミスチルのファンで、ライブにはよく行っている。

いつか見たライブビデオの一場面でこの曲が流れていて

しかもミュージカル仕立て(!?)だったのでやけに頭に残っていたのだ。

ミスチルのライブとは、私のなかではあのイメージ。

今回は野外だからそんなに凝ったセットは組まないだろうけど

ライブによく行く人はみんな楽しいと言っているし、

きっと熱いステージになるだろうと思っていた。

のに。のにのに。

いざ始まったら・・・

何!?何で目から汗が出てくんの〜!??

笑顔が絶えない桜井サンも

CDと変わらない完璧な演奏をする他のメンバーも

ちゃんと観ようと思ったけど、なんだか直視できなかった。

今までいろんなライブを観てきた私だけど

こんなに“直視できない”ライブも初めてだ。

何でだろうと思ったけど、自分でもよくわからない。

でも、すっごく会いたい人にいざ会うと目が合わせられなかったりするように

一度は観たいと10年以上もずっと思ってきたバンドを目の前にすると

こんな風になるのかなぁ、なんて・・・。

とりあえず、座って聴くことにした。

ちょっとお疲れだった柴犬くんには「オレの分までちゃんと観てよ!」と言われたけど

このときの私には、むしろ座って聴くほうが集中できた。

回りを見渡せばほぼ全体が立っている!!

下から観ていてもそれが感じられるくらいのド迫力。

桜井サンって、何でこんな曲が作れるんだろう。

そんでもって、何でこんなに唄が上手いんだろう。

今までミスチルの曲は数え切れないくらい聴きまくった。

けど、私はそんなに歌詞の意味とかは深く追求しないほうだ。

でもこの日、あらためてちゃんと歌詞を聞き取っていたら

ますます目から汗が流れてきた。

あっという間に、最後の曲は「イノセントワールド」。

“♪またどこかで会えるといいな その日は笑って・・・”

たぶん、次にミスチルがRIJFに登場するときはこの曲から始まるんじゃないかな?

とか、勝手に予想してみたりね。

それまで汗ばっかりだった私も、桜井サンに「笑って」と言われたので

(↑注:もちろん妄想です、唄でね)

これはイカン!最後くらいは笑って終わらんと!!

と思って、頑張りましたとさ。





いや〜、長かった長かった あせあせ(飛び散る汗)

見て感じたことを文章にするっていうのは、カロリーを消費するんですね。

この日も、

ライブ終了と同時に、花火が打ち上げられました かわいいかわいい






この夏最高の思い出を有難う、RIJF!!!







posted by ベリィ at 15:34| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩<あるく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私もこの日RIJ行ってましたよ!
SINGER SONGERとかすごかったですよね。
すごい楽しかったです♪

また来年も行きたいと思いつつ、
私もブログに上げましたので
ぜひ見に来ていただけるとうれしいです。

http://blog.so-net.ne.jp/tweety/
Posted by ヒトミ at 2005年08月08日 16:40
▲ヒトミさんへ▲
コメント、どうも有難うございます。
ヒトミさんのRIJFレポートも拝見させていただきました。同じステージでも、やはり観かたはいろいろなんだなぁと思い、とても面白かったです。
ここにもまたいらしてくださいね(^−^)
Posted by ベリィ at 2005年08月09日 10:50
野外フェスって一つのステージをずっと見てるわけじゃないのね(@_@)行ったことない上システムすら知らなかったょ(^^;)でも天候にも恵まれたみたいでよかったねー感動がめちゃくちゃ伝わってきたしすっごい楽しそう!!!あたしもCoccoダイスキだから(ってか例のごとくべりぃが餞別にくれたベストではまったんだけど。それまでシングルしか聞いたことなかったので。)Singer songer聞いてみたかったな〜生Cocco見てみたかった〜(´□`)=Зてかずっと思ってたけどばらいろポップ≠チてジャケもカワイイけどタイトル超カワィィ(●´∇`●)
Posted by Mizuki at 2005年08月09日 11:03
▲Mizuki姫へ▲
あ、そうか。
Coccoのベストも録って餞別にしたの?私?あのとき何枚かいろいろあげたのは覚えてるんだけど、何々やったかまでは覚えてなくてごめんね(T_T)
今度、私があなたに何を送ったのかリストにしてメールください。それ以外でまた今度、まとめていろいろ送るよ〜!
Posted by ベリィ at 2005年08月18日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5716438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。