2005年09月06日

『NANA』

CIMG0164.JPG


記事タイトルを見ていただければ、お分かりかと思いますが

今日は『NANA』を観に行ってきました るんるんるんるん

公開してからまだ3日目なので、これから観に行かれる方のために

内容には極力ふれないように気をつけます あせあせ(飛び散る汗)



以前にもここで書いたように

( 『COMIC BATON』 参照)

漫画のNANAはもう何回も読み返しています。

正直、映画化されるのを知ったときは

観に行くべきか行かないべきか、どっちにしようって思いました。

でも、

先日HMVで中島美嘉(大崎ナナ役)の唄う主題歌を視聴していたら

案外良かったんですよ、コレが!

矢沢あい作詞、Hyde作曲っていうアレね!

だから半分は、中島美嘉を観に行ったという感じです。

最近とくに好きなので ( ´−`)



ここからは本編について、ネタバレしない程度に感想を。

まずキャスト。有名どころでは・・・



大崎ナナ(ナナ) → 中島 美嘉

小松奈々(ハチ子)→ 宮崎 あおい

寺島伸夫(ノブ) → 成宮 寛貴

本城蓮 (レン) → 松田 龍平

一ノ瀬巧(タクミ)→ 玉山 鉄二


ナナはやはり、噂どおりのハマリ役でしたね。

そのほかの役者も、はじめは違和感があったのですが、

映画が進んでいくうちに慣れていきました。

以前、私のすきなNANAキャラはレンだ、と公言していたと思います。

レン役の松田息子、

もうちょっと顔がコケていたらなぁと思いました。

役が役だけに、裸のシーンも断トツに多かったのですが

それももうちょっと割れてたら良かったなぁと思いました。

しかし、遠目に映すシーンなんかでは

背丈のバランス等、ナナとも良いコンビネーションで

思わず惚れ惚れしました 揺れるハート

タマテツは、今回は出番少な目・・・。

次回作があるとしたら、それに期待しましょう!



今回、見ごたえがあったのは

ずばりサチコ!!

コミックでは大多数の人に嫌われているであろう彼女ですが

映画では、なんか知らないけど可愛かったような・・・。

次に読み返したら、サチコに対する見方が変わるかも??



あ、そうそう。

上映前の空き時間、

「今回の映画はコミックでいうと何巻までになると思う?」

という大胆予想を、柴犬くんと二人でして遊んでいました。

結果。

見事にはずれました・・・。

さて、どこまでだったのでしょう?

気になった方は、是非足を運んでご覧になってみてください ぴかぴか(新しい)




posted by ベリィ at 21:43| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(3) | 観<みる> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃ
NANA見たんですねw
わたしも次週見に行く予定、なのですvvv

だって小松奈々ちゃん可愛いもの!
やられちゃいますねーっ。
ちょっと小西真奈美に似てきましたね、彼女。
Posted by あみこ at 2005年09月07日 02:13
▲あみこさんへ▲
そうですね〜
昨日は平日だったので
もう少し空いているのかと思ったら
ほぼ埋まっている状態でしたよ。
会場を見た感じだと、男女比8:2くらいで
“連れてこられた”ちっくな男性も
ちらほらでした(笑)
女の子同士で来ている子もたくさん見かけました。
こ・・・小西真奈美?
あぁ、そう言われてみれば
ハチ役をしたことで今までになかった
髪型とか挑戦してましたね。
あ、でも私が気になったのは
あおいちゃんの足。
キレイでした。
そこかっ(笑)
Posted by ベリィ at 2005年09月07日 12:54
団員のアップした記事にあわせて、ブログ担当スタッフがトラックバックを行っております。
このたびはどうもありがとうございました。
Posted by 劇団セブンスタッフ at 2005年10月24日 18:24
▲劇団セブンスタッフ様▲
いえいえ、こちらこそ。
機会があれば、またいらしてくださいね(^〜^)
Posted by ベリィ at 2005年10月24日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

NANA
Excerpt: その時、高校2年生。 {/hiyos/}クッキー{/hiyos/}っていう雑誌が創刊された時から 読んでた。 {/kirakira/}「NANA」{/kirakira/} めっちゃお気に入りで、..
Weblog: PASSOSA
Tracked: 2005-09-07 10:29

NANA 評価額・400円(原作の好きな人は1800円でしょうね)
Excerpt: ●NANAをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 東京に向かう新幹線の中で偶然出会った小
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-09-07 10:32

日替ランチ140
Excerpt: 桜坂秋太郎です。 ウチは劇団セブン。大ヒットの「NANA」とは、まさに7つながり。そんな事もあって前から気にはなってました。 今回は漫画の方じゃなく映画ネタ。ボク的には、hyde氏の曲..
Weblog: ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog
Tracked: 2005-10-22 03:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。