2005年09月18日

他人の振り見て我が振り直せ




あたしってば、ホントに単純だわぁ



・・・あっ、思わず独り言ってしまいました。

のっけからすみません、話し相手が出かけてしまったので (^−^;)

気をとりなおして、本日の日記 ↓↓





今日は、図書館での仕事の日だったので、いつものように家をでました。

そしていつもと同じ時間に着き、さぁ仕事しよっかなぁと思ったそのとき

・・・あれ?なんか様子がおかしいぞ!?

職員さんたちが集まって、何やら話し合いをしています。

ほ〜ほ〜

ちゃんと聞いたわけではないけれど、状況は察知しました。

え〜と、いわゆる迷子ですね、迷子。

私の担当しているのは“子ども図書室”ということもあり

毎回たくさんの子どもたちがやってきます。

しかし、迷子なんて今まで一度もありませんでした。

職員さんらも、自分の仕事しながらその子の相手をしなくてはならず

「ここは託児所じゃないんだけどな〜」

なんて、ぼやいていました。

私も仕事をしつつ様子をうかがっていたのです。



そんなこんなで、ようやく母親が現れたのが約1時間後。

時間を割いて相手をしていた職員さんらに、

お詫びの一言でも言うのが普通ですよね。

と、少なくとも私はそう思っていたのですが・・・

そこに現れた母親は全く悪びれた様子もなく、

それを目の当たりにしたこちらも、怒りというよりは呆れに近かったですね。



過ぎたことにはこだわらない主義です。

でも、私は私で思うことはあります。

日本のことわざに

「他人の振り見て我が振り直せ」

というのがありますね。

自分に子どもができたら、絶対そんな親にはならないぞ

と、心に誓ったベリィでした。



posted by ベリィ at 01:22| 宮城 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 呟<つぶやく> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
激しく同感。
泣きわめいたり、走り回る子を放置し買い物する母親。
親が親なら子も子だと痛感。
ほんと気をつけなければと思うよね。
Posted by みっか at 2005年09月18日 22:18
こんばんは☆やっとこさ初コメントさせていただきます!

「他人の振り見て我が振り直せ」
はたまた「反面教師」ですよ…

人生は全て、学ぼうと思ったら、何からでも学べると最近感じております。悟りを開きました(笑)

図書館で働いてるなんて素敵です!!なんかうらやましいです〜
Posted by 210☆ at 2005年09月18日 22:24
ごめんなさい…ネットの調子が悪かったのです…
消しといてください、ひとつ…
Posted by 210☆ at 2005年09月18日 22:31
どうも、生まれは「ここではないどこか」のたつひろゴービリーです。

一言言わしてくれ。
「ありがとう」「ごめんなさい」は何故言うのか、この親はコレを真剣に考えて欲しいと思う。

さーてあいのり見ーようっと。
Posted by たつひろゴービリー at 2005年09月19日 23:34
▲みっかちゃんへ▲
そうだね〜・・・
前に原宿にいったとき、バーゲンの真っ最中で
私の目の前で、
「いい?ここで待っててね!動いたらだめだよ!いい?」
って、子どもに言い聞かせて去っていく親がいました。
信じられなかったよ、え!ちょっと!この子すっごい不安そうだけど?・・・って。
めっちゃ泣きそうだったのに、それでも言いつけ守って動こうとしないの、その子。
私は見てることしかできなかったけど。
(下手に話しかけてるとこ見られてあやしいと言われかねないので・・・)
そういう時代・・・なのか!?

▲210☆ちゃんへ▲
まずは、いらっしゃいませ〜♪
“さんづけ”するべきなのかもしれませんが
なんとなく“ちゃんづけ”にしてしまいました。
良いですか?
そうです、生きてること自体が学びです。
な〜んてね。
図書館は、人間観察にはもってこいですよ。
一日中いても、きっと飽きないはず。

▲たつひろゴービリーさんへ▲
コメント有難う!
本当にね。
この場合、子どもは何も悪くないですよね。
あいのり!
昨日は山形であいのり見ました〜。
ヒデ、今度こそ帰って!早く帰って!
これ以上キャラが変わらないうちに・・・

Posted by ベリィ at 2005年09月20日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。