2005年09月30日

ひと休み、ひと休み〜あおぎりみかんの話〜

きのうの ばあちゃんの荷物のなかに

あおぎりみかん が、入っていた。



普通のみかん じゃなくって、

食べごろよりも手前みたいな 青いみかん。

ちょっと すっぱいの。



うちの母は、 あおぎりみかん を見ると

故郷・鹿児島を思い出すらしい。

秋の運動会の日には、

母の母(つまり、私の母方のばあちゃん)が

かならずお弁当に持ってきてくれたと言っていた。

だから、秋になると母は あおぎりみかん を、買いたがる。

このすっぱさがねぇ、いいのよねぇ と、笑う。

そんな母を見て、ばあちゃん(つまり、私の父方のばあちゃん)も

「ヒロちゃんが喜ぶだろう」

(ばあちゃんは、母のことを“ヒロちゃん”と呼ぶ)

と、 あおぎりみかん を、買ってくる。

そして、こちらにも送ってくる。



今年は夏がもっと続いてほしいなと思ってたけど、

もうそろそろ秋もいいかもって思えた あおぎりみかん 。



さて、もう一個食べてから寝るか。


posted by ベリィ at 01:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食<しょくす> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。